裏コード

 ドミナントコードの代理和音として有名な
裏コードというものがあります。
G7(属和音・ドミナント)から
C(主和音・トニック)への進行は
自然の摂理のようなもので
ドミナントモーションと呼ばれますが、
KeyCを例に、裏コードを説明します。


 KeyCの時のドミナントコードは
G7です。


 G7の構成音であるシとファは増4度音程、
またはトライトーンと呼ばれ、
とても不安定な響きがします。
また、シは半音上昇でCコードの主音である
ドに行きたがり、
ファは半音下降でCコードの3度である
ミに行きたがりもします。
このことから、 G7コードは
どうしたってCコードに行きたい
(解決したい)
性質を持っているのです。



 裏コードとは、そのドミナントと
非常に近い構成音を持ち、代理関係にある
コードのことをいいます。
ギタリストは以下のコードフォームを見ると
わかりやすいと思います。

 D♭7というセブンスコードはG7の特徴である
トライトーンをそっくり持っています。
かつ、ベース音は主和音であるCコードのルート音に
半音下降するという、なめらかなラインを形成します。
このことから、G7の裏コードはD♭7である、
ということがいえます。
具体的には
CM7⇨Am7⇨Dm7⇨G7といった循環進行を
CM7⇨Am7⇨Dm7⇨D♭7に変換可能ということです。

まとめると、
裏コードとは
あるドミナントコードの増4度(減5度)上の
ルート音をもつドミナントコードのこと

マイナー系主和音に解決する際にも使えます。