コードを覚えよう!

 どんな楽器も奥深く、ムズカシイ・・・。
ギターも、自由に弾けるようになるまでの道のりは長い。
でも、鍵盤楽器に比べてコードを覚えるには
ギターは圧倒的に楽だ!
(鍵盤の方には、申し訳ないくらい・・・)
だって、1つのフォームを覚えたら
あとはそのまんま、右か左にずらすでけで
弾けてしまうんですから!
(メジャーコードやら、マイナーコードやら
ディミニッシュコードやらを)

 もちろん、コードはつまり和音。
機能を保ちつつ、クリエイティブに
音を組み合わせることもできるわけですから、
やはり、奥深いもの。
でも、ギターで基本的なコードフォームを
覚えて、それらを使い回して
初見でチャチャッとセッションするなんて、
それほど敷居の高いものではないのも事実。

 ぼくは、クラシックギターでも
できるだけコード進行(コードネーム)を
意識してもらえるようなレッスンを
心がけています。
”なぜ、この響きは美しいのか?”
”この不安定な和音はどこにむかっているのか?”
・・・など、
コードネームの考え方が共通言語としてあると
些末なものを、とりあえず脇に置いておいて、
音楽の本質の方に、はやくたどり着けるから。

 ギターを、音楽を楽しむために、
コードは覚えましょう!