スペイン

 チック・コリアが、2月9日に癌のため
79歳で亡くなりました。
昨日のライブで、哀悼の意をこめ、
彼の曲を、演奏しました。
コンテンポラリージャス、フュージョンを牽引してきた
ピアニスト、チック・コリア。
アコースティックからエレクトリック、
スタンダードジャズからラテン・・・。
現代において、コンテポラリー系ジャズを演奏する人で
チックの曲をプレイしたことのない人は
少ないと思います。

 ぼくも、チックの曲は今まで、
いろいろなライブで、お世話になりました。
今回は、定番の”スペイン”。
ありがとうございました。
安らかに・・・。