スペインwifi事情

スペイン巡礼で利用する巡礼者用宿泊施設”アルベルゲ”は
公営、私営含め、数多く存在します。
だいたい10ユーロ前後が相場なので、気軽に利用できるし、
様々な国の人たちとの出会いがあって楽しい。
(もちろん煩わしい時もある)
wifi事情について。
辺鄙な宿場町にはスーパーやコンビニすらないということも
ままある。
しかし、かなりローカルな場所でも
アルベルゲやバルならほぼwifiは設置されている。
日常から距離をおくために旅に出ているのだから、
スマホなんか、いらないじゃないか・・・。
とはいえ、情報収集、
出会った旅人との連絡先交換など
あれば何かと役立つ。
そういえば、wifiが世界に広まり始めた数年前、
スペインをレンタカーで旅していた時のこと。
ホテルのフロントでwifi(ワイファイ)は設置されていますか?
と、尋ねてもホテルマンは何のことやらわからないらしく
首をひねっている。
そうか、スペインではまだwifiはまだあまり普及していないんだな、
と勝手に思いこんでいたら、実はそうではなく・・・。
スペイン語はスペルを見たまま発音するので、
wifiは”ワイファイ”ではなく”ウィフィ”と言わなければ通じなかったのだ。
さすがにあれから、だいぶ時間がたったので、
今では”ワイファイ”と言って、理解されないということは
ないと思いますが。