バル

 1日に20〜30キロ歩くスペイン巡礼に、バルはなくてはならない。
スーパーやコンビニがないような小さな町でも
そこに人の暮らしがあるならば、バルは必ずある。
巡礼者は、休憩、食事、情報収集のため
日に何度もバルに立ち寄る。
というより、時々、バルのために巡礼しているような
気にもなってくる。
10キロ、町もなく果てしないメセタ(乾燥高原)を行けば、
最終目的地であるサンティアゴ・デ・コンポステーラより、
目下のバルの方が重要だ!
乾いた喉にビールを、そして空腹にはタパスを・・・。
目にも美しいタパスの並ぶ、気の利いたバルも少なくない。