巡礼者の垂訓

スペイン巡礼は日に20〜30キロくらい歩く。
バルで、休憩や食事をとりながら、のんびりと・・・。
そして、そんな立ち寄るどんな小さな村や町にも、
必ず、教会がある。
とある教会で、いただいた
「巡礼者の垂訓」という紙には、こう書いてあった。

・巡礼者は幸いである。
 巡礼が見えないものにあなたの目を開くならば。

・巡礼者は幸いである。
 あなたがもっとも気にしていることが、ただたどり着く
 ことではなく、他の人と一緒に目的地に到着する
 ことであるならば。

 ・巡礼者は幸いである。
 あなたのリュックが空っぽになり、
 心が静けさと生命で満たされるならば。
 
・巡礼者は幸いである。
 一歩戻って誰かを助けることの方が、わき目をふらず、
 ただ前進することよりも、はるかに価値あることだと
 見出すならば。

・巡礼者は幸いである。
 道々、真の自分に出会い、立ち止まり、見つめ、
 聴き、自分の心を大切にすることを知るならば。

・巡礼者は幸いである。
 あなたは巡礼が終わった時に本当の巡礼が
 始まることを知るのだから。