教会に続く道

 スペイン巡礼の道では毎日、20〜30キロくらい

歩き、宿泊はその辿り着いた小さな村の

アルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)。

夕方、アルベルゲにチェックインし、

シャワーや荷物の整理を済ます。

人心地ついて、それから10分もあれば

一周できてしまうような小さな村を

散策するのが好きだ。

バルと同じでどんな小さな村、町にも

必ず教会がある。

夜の帳が降り始める頃、

石畳の道をのんびり歩いていると

数組の腕をくんだ老夫婦とすれ違う。

彼らの行き先に目をやれば小さな教会。

教会に通うのは、

ごく当たり前の日常なのでしょう。

だけど、そんな日常も

旅人のぼくから見たら、

なぜか胸が熱くなるような

美しい光景に思える。