秋の発表会、その後

 コロナ禍の秋のギター発表会。(9/5)
感染対策に気を配りながら、
無事終えることができました。
出演者・お客様・スタッフのみなさま、
ありがとうございました!
その後、体調を崩された方の報告もなく、一安心。
ステージを5部構成にするなど、
多くのことが初めてづくしでもあり、
当日はバタバタでしたが、よい勉強になりました。

 ここ20年間くらいは、欠かさず
最低でも毎年1回は
海外を旅してきました。
時期としては、秋の発表会が終わった
10月後半から11月初旬あたり。
今年は、さすがにこの世界情勢では、断念。
行けないとなると、余計、旅に出たい気持ちが
募ります。
特に去年は、スペイン巡礼の道800キロを踏破した年。
(4年連続で、秋のスペインに飛んで毎年200キロづつ
歩き累計800キロ)
となれば、どこかスペイン以外にも
目がいくのかと思いきや・・・。
ピレネー山脈の高く青い空、
どんぐりや栗の敷き詰められた豊かな森の小径、
リオハの真紅のワイン、
素敵な巡礼者たちとの交流を思い出すと、
また無性にスペインに行きたくて
行きたくて、たまらない。

 ぼくのスペイン歴は、けっこう長い。
レンタカーでずいぶんと、イベリア半島を走り回ったし、
800キロの巡礼路も歩いた。
さて、次はバイクに乗って、旅でもしてやろうかと
考えている。