草履

 スペイン巡礼で、ほぼ毎日お世話になる
巡礼者用宿泊施設”アルベルゲ”。
1日20〜30キロ歩き、
たどり着いた宿場町のアルベルゲで
まずすることと行ったら、
クレデンシャル(巡礼手帳)の提示、
ベットの確保、シャワー・・・etc。
アルベルゲは本当に2つといって
同じアルベルゲが存在しない。
1泊、だいたい10ユーロくらいで
財布にやさしいが、
みな外観、システム、アメニティ・・・、
個性的。
アルベルゲ宿泊において
多くの巡礼者が必需品としてあげているのが
サンダル。
どのアルベルゲも個性的だが、
玄関の下駄箱にトレッキングシューズを
預けるのはほぼ共通のようだ。
日本のように靴を脱いだら、
靴下または素足というわけには、いかない。
そこで活躍するのが、サンダル。
ぼくは他者との差別化をはかり、
サンダルにかわるものとして、草履を持ち歩いている。
ビニール製のフェイクものだが、
見た目はそれらしく、シャワールームなどでは
水に強いので、逆にけっこう重宝している。
(シャワールームでは入口付近から
ビシャビシャになっていることが多いので、
まさに必需品)