里の秋

 「里の秋」を演奏しました。
この曲が初めてラジオで放送されたのが
1945年。(昭和20年)
まさに終戦の年です。
作詞されたのは終戦の数年前、
それにメロディーがつけられたのは終戦直後だそうです。
(作詞:斎藤信雄 作曲:海沼賽)
深まる秋の夜、いろりを前にした母子の様子が
描かれています。
それは、本当に静かな夜で、聞こえてくるものといえば、
秋の虫の旋律か、夜鴨の渡っていく声、
くつくつと栗を煮る音だけ。
父親は戦争のため、南洋諸島のどこかにいる。
その遠い異国にいる父の帰りを
静かに祈っている情景を想像すると
泣けてくる。
以下が、歌詞。

里の秋

1、しずかなしずかな 里の秋
 お背戸に木の実の 落ちる夜は
 ああ 母さんとただ二人
 栗の実煮てます いろりばた

2、あかるいあかるい 星の空
 鳴き鳴き夜鴨の 渡る夜は
 ああ 父さんのあの笑顔
 栗の実食べては 思い出す

3、さよならさよなら 椰子の島
 お船に揺られて 帰られる
 ああ 父さんよご無事でと
 今夜も母さんと 祈ります