雨の洗礼

 日本から34時間かけて、たどり着いた

ラバナル・デル・カミーノは去年の終着地。

つまり、今年のスペイン巡礼のリスタートの地だ。

去年、最後の夜に泊まったアルベルゲで

泥のように眠って迎えた翌朝、

空はあいにくの雨模様。

ラバナルは標高1.150メートル。

ここからまずは、標高1.515メートルまで

10キロの登り坂を行く。

それからは、一気に標高590メートルのモリナセカという

町まで15キロ下って行くというなかなかハードな1日。

下り坂は、ちょっとした渓流下りといってよく

トレッキングシューズは常に水に浸かった状態が続く。

1日、冷たい雨に打たれ、

初日のきつい洗礼を浴びることとなりました。