ルールを知って、ルールをやぶる

 いつも、歌心を持ってギターが弾けたら・・・
と思っています。
メロディーを支えてくれるコード(和声)には
それぞれの性格がある。
トニック(主和音)は安定するコード、
ドミナント(属和音)は不安定で、
トニックに強く進みたい。
これらコードの役割、進行の約束事を
まとめたものが和声学。
和声学をちょこっと知っておくと、
異なるコードを相対的にかつ、
論理的に感じることができるようになるので
演奏に強弱がつけやすくなります。
きっと、ギターでメロディーを
歌わせることにも役立つでしょう。

 でも・・・
ルールに縛られているだけでは
おもしろくない。
和声学の教科書にのっていない
コード進行だって、たくさんある!
今回取り上げた曲は
和声学的には、ルール違反ですが
美しい。
ルールを学んで、ルールをやぶろう。