音作り

 エレキギターのレッスンをしていて、しばしば
エフェクターの質問を受けます。
エフェクターとはギターとアンプの間に繋ぐ機械で
音作りには欠かせない大切なアイテム。
ただ、エフェクターといっても、効果や性能は
多種多様で、その概観を把握するのは難しい。
しかも、今はマルチエフェクターを
コストパフォーマンスのよさから、
初心者の方もよく購入します。
かつてエフェクターは
コンパクトエフェクターというものが
主流で、これらの音作りにおける機能は
だいたい1つに特化されていました。
歪系ならディストーション、
ダイナミクス系ならコンプレッサー、
フィルター系ならイコライザー等々。
マルチエフェクターとは、
これら単体だったエフェクターを
1つの箱に詰め込んだというイメージです。
リーズナブルで、便利ですが、
反面、高機能で小型化されているので
理解して使いこなすのは、
経験者でも最初の頃は骨が折れる。
これから、マルチエフェクターの使い方を
各コンパクトエフェクターの視点から
解説した動画シリーズを作成していきます。
今回は、まずは入門編として、
代表的単体エフェクターの役割を説明してみました。